在宅医療の募集情報

医師求人TOP >> 仕事内容で選ぶ >> 在宅医療の募集情報

在宅医療の募集情報

在宅医療とは病院に通院することができない患者さんに対し、患者さんの自宅に訪問して医療活動するものです。外来・入院に次いで第三の医療とも呼ばれており、この制度が導入されてから在宅医療を求める患者さんが急増しています。在宅で医療を受けることに特別な制限はありませんが、がんや認知症、整形疾患、呼吸器疾患が代表的なものとして挙げられます。在宅で受けることができる医療行為は、病棟で受ける行為に比べると若干少なめではありますが、それでも人工呼吸療法やモルヒネなどの投与、人工透析などのしっかりした療法を受けることができます。

在宅医の年収は1,500万円〜2,000万円と非常に高めです。その理由としては患者さんの自宅まで訪問する手間があること、最低でも10人近い患者さんを担当しなければいけないことなどが挙げられます。1日に10人というとかなりハードなスケジュールになるため病院勤務に比べるとスキルだけではなく体力が必要なことも分かります。在宅の医療といっても基本的には病院やクリニックとの契約なので、福利厚生や手当もしっかりと受けられます。もちろん給与や手当などは病院によって異なりますが、クリニックの院長職として転職をするとより高い給与が期待できます。在宅医はアルバイトでも募集がかけられており、日給80,000円前後が相場となっています。

残業は病院によって異なりますが、全くない求人はほとんどありません。とは言っても他の医師に比べて残業は少なく、比較的働きやすいとされています。仕事量は若干多めですが、地域に密着した医療活動が行えるため患者さんとの距離も近く、人と接することが好きな方にはやりがいがある仕事です。

在宅医を必要としている医療機関はクリニックなどの小規模な医療機関が多いですが、近年病院でも在宅医療を導入するところが増えてきています。しかし求人は全体の4%ほどしかないため、一つ一つのサイトを巡って求人を見つけるのは大変手間がかかります。

在宅医療の募集情報を一括して見つけるには、「リクルートドクターズキャリア」「キャリアブレイン【CBネット】」などの求人数と利用者数が多い大手サイトの利用をおすすめします。これらのサイトに無料登録をすると、専属のキャリアコンサルタントと相談しながら求人探しができる他、面接指導や転・入職手続きの代行などさまざまなサポートを受けることができます。利用も無料なので、在宅医療の医師に転職を考えている方は利用してみてはいかがでしょうか。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.