手術の募集情報

医師求人TOP >> 仕事内容で選ぶ >> 手術の募集情報

手術の募集情報

手術医(執刀医)はその名の通りオペを専門とする医師で、患者さんの命を預かる仕事で非常に責任が大きいことが分かります。手術医のスキルによって患者さんの状態が左右されるので高いスキルや知識を持っていることはもちろん、オペ後のアフターケアまでしっかりできなければなりません。オペは内科、外科、眼科などの科目がありますので、基本的にその科目に特化した手術医がオペを担当します。そのため医師として働いていた方が転職をする場合、前職でどの科目に務めたかによって採用が有利になることがあります。

医師の中でも外科やオペに携わる医師は特別年収が高い傾向にあります。勤務する病院の規模にもよりますが、およそ1,000万〜1,500万円ほどとされています。また手術は診療時間内とは限りませんので常勤の医師で残業や当直がないことはまずありません。しかしその分手当もありますし、執刀医の場合は謝礼金によって年収が大幅にアップすることもあります。タイミングによってはある程度ハードワークになることも予想されますが、なるべく夜勤や当直を避けたい方はアルバイト雇用がおすすめです。手術医のアルバイトは1回8万円〜15万円ほどと極めて高給なので、集中して稼ぎたい方にはおすすめです。

執刀医の働き方は基本的に病院勤務となっています。近年増えているのが手術医の助手です。助手の場合はアルバイトとして採用されることが多いですが、全体的に整形外科や眼科のオペの割合が高く求人も多いです。求人にもよりますがこれらの科目は日勤で募集を行っていることが多いため、夜勤や当直を避けたい方は整形外科や眼科医の執刀医を検討してみるとよいでしょう。

オペを専門とする医師の求人は、全体の求人の0.2%ほどしかありません。そのため高待遇であればあるほど競争率が高く、転職するにはやや難しいと言えるでしょう。しかし資格や知識が重視される手術医なので経験が豊富な医師であれば優遇されることが多いです。また整形外科や眼科だと他の科目よりオペが多く求人も出やすいので狙い目です。中にはオペの医師として経験がなくても転職できる病院もありますので、より多くの求人を比較することが大切です。

募集情報の比較にはリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムの利用をおすすめします。登録料や利用料などの一切費用はかかりませんので、費用を抑えてより効率的な転職をしたい方は登録してみてはいかがでしょうか。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.