産業医の募集情報

医師求人TOP >> 仕事内容で選ぶ >> 産業医の募集情報

産業医の募集情報

産業医とは50人以上の職員を有する企業で職員の健康管理や労働環境管理を行う専門医のことです。常時50人以上の職員をもつ企業には、必ず1人以上の医師を配属させることが義務付けられているため、企業が増えるほど医師の需要も増えます。具体的な業務内容は健康相談をはじめ、衛生・健康教育、残業が月に100時間を超える従業員との面談、1ヶ月に1度の事業所巡回などがあります。職場で働く職員が、心身ともに元気で働きやすい環境をつくるのが産業医の主な仕事です。大規模な企業になると社内に医務室が設けられており、社員が怪我をした場合でも迅速な対応がとれるようになっています。

年収はスキルや経験によって異なりますが、相場としては800万〜1,000万円とされており、経験を積むと大企業に勤めることができます。大企業ほど年収も高い傾向にあり、中には年収1,500万円を超えることもあるようです。しかし手当てや福利厚生が充実している病院と契約するのではなく、あくまで配属先の企業との契約になるため注意しましょう。企業に就職をする場合は、昇給や退職金などの制度も異なるため入職前にしっかり確認しておくことが大切です。

企業で働く医師のメリットとしては、残業や夜勤がほとんどないことが挙げられます。医療活動は企業の職員を対象なため、基本的には企業の勤務時間に合わせて帰宅することが可能です。仕事量は会社の規模によって異なりますが、大きければ大きいほど配属される医師の数も増えますので、それほどハードなスケジュールになることはありません。しかし、工場など怪我をしやすい職場の場合はどんな状態にも対応できるように、医師として高いスキルが必要になるでしょう。

求人数も多く、仕事に困ることはほとんどありません。しかし人気企業であるほど競争率が高くなりますし、高い技術と経験が必要になります。産業医としての経験があるのが一番優遇されますが、多くの企業は産業医未経験でも応募することができます。職員の身体の健康だけではなく精神的なサポートもしなければいけないので、精神科や心療内科の経験がある方は積極的にアピールするとよいでしょう。

産業医の募集情報は非公開求人になっていることも多いので、なるべく非公開求人を多く保有している大手の転職支援サイトの利用をおすすめします。「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」などは会員数も多くたくさんの転職実績を持っているため、転職初心者の方でも安心してご利用いただけます。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.