救急の募集情報

医師求人TOP >> 仕事内容で選ぶ >> 救急の募集情報

救急の募集情報

救急医は病気や怪我、やけどなどの緊急に処置を施さなければいけない方に対して適切や処理や集中治療を行う医師です。詳しく定義すると、病院前救急医療と災害時における医療活動、ER型、緊急を有する症状の専門的集中治療を行う医師です。いつどのような病気や怪我のある患者が来るか分からないため、診療科に関係なく全ての急病を診療、処置、治療します。そのため何事にも臨機応変に対応できるスキルと経験を必要とし、周りと連携して業務を進めるためのコミュニケーション能力がなければいけません。近年慢性的な人材不足に陥っている日本の医療業界では数も不足しており全国的に求人が出されている状態です。

年収は1,000万〜1,500万とやや高めではありますが、常に緊急時に備えて待機しておかなくてはいけないため精神的にも肉体的にも負担は大きいです。もちろん診療時間などはないので残業や当直は当たり前で、医師の中でもトップクラスのハードワークと言われることもあります。求人に勤務時間が掲載されていても、実際に勤務する時間はそれより長くなるケースがほとんどで、場合によっては勤務時間に見合わない給与なこともあります。そのため転職を考えている方はそれなりの覚悟を持っておかなくてはなりません。

救急医はさまざまな状況に応じて適切な処置を行うため医師として大きくステップアップできます。しかし更なるステップアップを目指している方は、「救急科専門医」とよばれる資格を取得しましょう。簡単に説明すると救急医のスペシャリストのことで、この資格を持っていることでより高待遇で転職をすることができます。

求人は全体の15%を占めており、比較的求人を見つけやすい部類です。外来や病棟管理担当が多く、医師の募集をかけている病院は中小病院よりも大規模な総合病院が多いです。一般内科、救命救急、総合診療内科などが募集科目となっていますが稀に産婦人科や精神科などでも募集が見られます。ほぼ当直ありの求人となっていますが、当直1回あたり40,000〜100,000万円と病院によって大きく差があるため給与と手当はしっかり比較しておくことが大切です。

募集情報は一般には公開されることのない“非公開求人”として取り扱われている事が多いため、それらを多数保有している「リクルートドクターズキャリア」や「エムスリーキャリア」などの大手転職支援サービスの利用をおすすめします。非公開求人はサイトに登録しなければ紹介を受けることができませんが、登録や利用には一切費用がかかりません。救急医の転職を考えている方は利用してみてはどうでしょうか。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.