検査の募集情報

医師求人TOP >> 仕事内容で選ぶ >> 検査の募集情報

検査の募集情報

臨床検査科の医師は、主に患者さんのからだを検することを主な業務としています。検査には生理、画像、検体などがありそれらの臨床検査医学を専門とするため高い専門スキルを必要とします。しかし幅広い専門があるので、比較的研修医にも学びやすいとされており、多くの新人医師が大学や大学病院に勤務をしています。また技術だけではなく結果を集約して診断しなければいけないため、ある程度の事務管理能力を必須とします。検査医は臨床検査学に基づき研究を深め、主治医と異なった立場で診療します。

平均的な月収は30万程度で、賞与などを含めると約年収450万円と言われています。そのため他の医師に比べてやや低目にあり、年収アップを目的とした転職には向いていないでしょう。残業や当直の頻度は病院の規模や医療体制によって異なります。検査センターなどを設置している病院であれば、残業もそれなりに強いられることがあるでしょう。交代要員の人数によって残業の頻度が違うので、残業や当直をしたくない方は一度病院に問い合わせてみることをおすすめします。給与はさほど気にせず、自分に合った働き方をしたい方や仕事にやりがいを感じたい方は視野に入れてみてはどうでしょうか。

また診療時間外の勤務が多いことでも知られています。それは診療時間内に検した患者さんの検体をその夜に行わなくてはいけないケースが多いからです。検体には時間を置くことができないので、検体によっては残業を強いられることもあるでしょう。その場合残業手当もありますので、働き方によっては平均的な月収を大きく上回ることもできます。残業や当直を中心とした働き方で高給を希望する方は、アルバイトとして採用されることが多い傾向にあります。

求人は外来や病棟管理に比べてやや少なめの傾向にあります。しかし働く機関は病院に限らず、医療関係会社からの求人が多く見られます。新卒よりも経験者が優遇されるため医師から医師への転職が有利となりますが、会社の場合は必ずしも資格が必要ではないのでその分競争率が高くなることがあります。

募集情報を見るためには、国内医師の求人が多く掲載されている「リクルートドクターズキャリア」「医師転職ドットコム」「MCドクターズネット」などの医師専用転職サイトがおすすめです。医師に特化したキャリアコンサルタントと一緒に転職活動ができるので、比較的難しいとされる検査医でも転職に成功できる確立は極めて高いです。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.