読影の募集情報

医師求人TOP >> 仕事内容で選ぶ >> 読影の募集情報

読影の募集情報

読影医は患者さんのレントゲン写真やCTなどの画像から症状の原因や病気を見抜くスペシャリストです。臓器を診る内科医はもちろん、整形外科、脳神経外科などさまざまな科目で需要がある医師のため、慢性的な人材不足とされている医療業界では常に求められている人材でもあります。業界では読影医と呼ばれていますが、もう一つ上の分類として「放射線診断医」と呼ぶことも多いです。仕事内では基本的に患者さんと接して仕事をすることは少なく、認知度としてはそこまで高くありません。しかし、病気の発見や治療法を見出す非常にやりがいがある医師と言えるでしょう。

なるために必要になるスキルは医師になる時にある程度身に付けられるものですが、専門とする場合はそれ以上に高度なスキルや知識が必要となります。求人が出されている場合は、高いスキルを持った経験者が優遇されるでしょう。高いスキルを必要とされるため給与も高いです。難しい画像判断スキル(乳がんやすい臓がんなど)を持っていると、年収は2000万円を超えることもあります。患者さんと直接関わって仕事をすることが少ないことが理由で新人医師には人気が低いですが、逆に言えばキャリア採用されやすい医師でもあります。

働き方は、病院での常勤が多いようです。しかし業務は病院以外でも行うことができるため、近年フリーランスで医療機関と契約を結ぶ医師も多いとされています。他の医師に比べて比較的自由な働き方ができるメリットがありますが、それだけのスキルを持っていなくてはならないので読影医としての経験が浅い方は、まず病院勤務をすることがおすすめです。

読影医の求人は、医師求人全体の0.6%しか存在しません。そのためこまめに求人をチェックしておかないと、高待遇求人はすぐに締めきられてしまいます。転職サイトの求人を見てみると読影業務だけではなく外来や内視鏡検査などの業務を兼ねている求人が多いようです。またアルバイト雇用も多く、日給は70,000〜90,000円と非常に高いです。アルバイトの場合は基本的に日勤が多く、当直はあまり多くありません。

読影の募集情報を見たい方は、各医療機関の採用情報ページを閲覧するか転職支援サービスの利用をおすすめします。特に人気が高い転職支援サービス「リクルートドクターズキャリア」では常時1万件以上の求人を有しているため、数が少ない読影医の求人も比較的楽に見つけることができます。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.