分娩の募集情報

医師求人TOP >> 仕事内容で選ぶ >> 分娩の募集情報

分娩の募集情報

妊娠したお母さんから赤ちゃんを取り上げる産婦人科医は、近年深刻な人材不足とされています。出産時間というのは基本的に決まっておらず、予想しているよりもずっと早く生まれることもあり医師が落ち着いていられる時間が限られているのです。そのため生活が不規則になり身体を壊して離職してしまうケースも少なくありません。少子化が進んでいる現代でも、産婦人科医の人材不足はなかなか解消されないのです。しかし逆を言えば全国的にニーズが高まっている分娩の医師は、転職としては狙い目であることも分かります。

分娩の医師は主に妊婦の出産に関しての業務を行いますが、出産するまでの健康管理も忘れてはいけません。赤ちゃんが無事に生まれてくるためには、産婦人科医のサポートがなければいけないのです。そのため出産時の業務だけではなく妊婦の健康管理をしっかりと行えることや、出産の不安を持つ妊婦を精神的に支えてあげることなども重要な業務の一つなので、産婦人科医としてそれなりの経験を持っている方が優遇されます。

産婦人科医の年収はおよそ1,200万〜1,800万円と比較的高給とされています。その理由のひとつに残業手当や当直手当が加算されることが挙げられます。特に帝王切開の場合は、近隣に住んでいる常勤医にオンコールで駆けつけてもらうなどの体制が導入されており、精神的にも負担が大きめです。それほどの負担があるため給与も高く設定されているのですが、なるべく分娩時間に左右されない働き方を希望している方は夜勤専従やパートなどの非正規雇用がおすすめです。給与は日勤も夜勤も80,000円ほどと、他の医師と比較して倍以上の水準であることが分かります。

分娩医師の求人は全体の0.3%ほどしかありません。そのうちの80%は夜勤や緊急時対応となりますので、不規則な生活を余儀なくされることもあります。夜勤や緊急時の仕事にストレスを感じる方は、残り2割の日勤求人を探しましょう。

0.3%の求人の中から更に2割の分娩の募集情報を見つけるには、数万件の求人を掲載しているサイトを利用することで見つけやすくなります。「リクルートドクターズキャリア」や「医師転職ドットコム」などはユーザー数も実績も多い大手サイトなので安心して登録することができます。また登録後は専属のキャリアコンサルタントも付きますので初心者の方でも効率よく転職活動をすることが可能です。分娩医師の転職を考えている方は、ぜひ一度利用してみてはどうでしょうか。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.