後期研修医の募集情報

医師求人TOP >> 役職で選ぶ >> 後期研修医の募集情報

後期研修医の募集情報

研修医という言葉をよく耳にしますが、後期研修医はそこまで馴染みがありません。簡単に説明をすると国家資格合格後2年間の研修期間を終えた研修医から5年目までの医師のことです。専修医や修練医と呼ばれることもありますが、基本的には同じ意味です。後期研修医になると自分が専門としたい科目の仕事に携われるようになります。しかし研修医は仕事が忙しい割に見合った給与が支払われないため、アルバイトをしながら病院で働く人が多いとされています。

研修医の年収がおよそ300万円とされていますが、後期研修医の年収は最大6倍まで上がることが厚生労働省の調べて明らかになりました。病院の規模や勤務地によって大きく差がありますが、地方に在住する場合だとその最高額は1,000万円を超えるとも言われています。特に年収が高いのは麻酔科、整形外科、精神科などの科目です。研修医や後期研修医は最先端医療が学べる都心部に集中する傾向にあるため、地方の人材確保のためにそれ程の額まで上げられたとされています。

呼ばれ方が研修医だとしても、大学で6年、研修医として2年、その後5年ほどの経験を積んでいれば就職先を見つけることは十分可能です。後期研修医の場合は経験や年齢を問わない求人が多く掲載されている医師専門の転職サイトの利用がおすすめです。

実際に後期研修医の募集情報を検索すると関東圏で50件ほどヒットします。年収や福利厚生などはそれぞれ異なりますが、目安として1,000万円と記載されているところが多いです。能力によって考慮されることがあるため、詳しくは志望の病院に問い合わせてみるとよいでしょう。また後期研修医は周りの医師に比べて経験が浅いためスキルに差があるのは仕方が無いことです。大切なのは病院に入職後、しっかりした指導やフォローが受けられるかどうかです。医療体制がしっかり整っている病院は、教育もしっかり行き届いています。転職支援サイトを見ると実際に働いている医師の意見が掲載されているところもありますので、積極的にサイトを利用してみるとよいでしょう。

募集情報が多く掲載されている転職サイトには、「リクルートドクターズキャリア」「MCドクターズネット」「キャリアブレイン【CBネット】」などがあります。どのサイトも登録・利用は無料ですし、専属のキャリアコンサルタントと相談しながら転職先を選ぶことができるので、ぜひ利用してみてください。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.