部長の募集情報

医師求人TOP >> 役職で選ぶ >> 部長の募集情報

部長の募集情報

医師として経験を積んだ40代以降になると、病院やクリニックをまとめ院内スタッフの教育を行う部長になるケースが多くあります。院長や副院長ほど経営業務に携わることはありませんが、主に教育面で大きな責任を担うようになります。よりよい病院をつくりあげるためには、医師の技術や知識を向上させなければなりません。そのためには誰よりも医療技術や知識に関して詳しくなくてはいけないのです。また部下が自分にしっかりとついてきてくれるようなリーダーシップやコミュニケーション能力が必要とされます。医師としてもマネージャーとしても高いスキルが求められるため簡単な役職ではありませんが、その仕事によりスタッフの能力や経営状態が向上するかと思うと、たいへんやりがいのある役職と言えるでしょう。

部長クラスになると年収も上がり、1,300万〜1,600万円が相場とされています。あくまでも平均ですが、病院勤務の医師でもこれ以上の収入を得ることは十分に可能です。仕事量は病院の規模によって異なりますが、大きいほど部下の数も多くなるため教育業務が忙しくなります。そのため収入アップを目的といた転職の場合は、臨床開発医や精神科医、専属の産業医なども視野に入れておくとよいでしょう。

部長の求人は転職サイトに掲載されるものから転職する方法だけではありません。病院同士の繋がりや人脈が広いほど、病院関係者の紹介によって役職を任されることがあります。実際沖縄などの病院では院長や部長クラスに転職する際の多くは紹介によるものと言われています。医師として与えられた業務をこなすだけではなく、自分から積極的に幅広い業務に携わったり他の病院や科目の先生と連携したりして仕事をすることで人脈を広げることができます。

部長の募集情報はそれほど多くはありませんが、数万件の求人を扱っている転職サイトなどを利用すると比較的楽に求人を見つけることができます。見つけた求人が自分にあった条件じゃない場合でも、登録サイトのキャリアコンサルタントに相談することで直接病院に交渉してくれるサービスを受けることができます。

これらのサービスを無料で行っているサイトは「リクルートドクターズキャリア」や「医師転職ドットコム」などがあり、部長の転職実績も多いです。部長の役職に関してわからないことがある場合や転職に不安がある場合は、登録後にキャリアコンサルタントに相談してみましょう。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.