製薬企業の募集情報

医師求人TOP >> 施設で選ぶ >> 製薬企業の募集情報

製薬企業の募集情報

製薬企業に務める医師をメディカルドクターといいます。メディカルドクターの仕事は主に3つに分類されており、「臨床開発業務」「市販後安全評価業務」「マーケティング業務」があります。これらの仕事に医師の資格が必要なわけではありませんが、医師免許とスキル、経験によって超人気大手製薬企業でも優遇されることがあります。まず臨床開発業務とは治験によって収集されたデータを解析・管理し、新薬開発に向けた文書作成などを行う業務です。市販後安全評価業務とは、新薬を発売した後に使用した方にどのような副作用が見られたかを調査する業務です。マーケティング業務とは実際の現場で新薬が有効に使用されるかを調査・改善する業務です。これらに関わる業務に医師として携わりたい方は臨床開発業務を主とする臨床開発医師がおすすめです。

年収の相場は1,300万〜1,600万円と非常に高いです。患者さんと接することはほとんどありませんが、製薬企業のスタッフや病院のスタッフと連携した業務でもあるため、コミュニケーションスキルは必須とされています。また新薬開発のプランニングだけではなく資料の作成やデータの解析・管理も行うので事務管理能力スキルがあると優遇されやすいでしょう。

製薬企業に務める医師に当直はありません。医師といっても病院ではなく企業に務めるため、企業のワークスタイルに合わせます。残業は企業によって異なりますが、生活リズムが乱れるほどの残業はほとんどありません。また大手製薬企業では手当や福利厚生が大変充実しているため休暇が取りやすく、出産や育児を控えた方でも安心して働くことができます。

求人の数は病院やクリニックなどに比べてかなり少ないです。また大手の製薬会社は人気が高いため、求人が出てもすぐに締めきってしまうことがあります。競争率も高いため、医師としてのスキルや経験を十分にアピールすることが大切です。特に治験を進める臨床開発医としての経験がある方は有利になるでしょう。

製薬企業の募集情報を見るには、医師が希望した職場への転職成功実績が多い支援サイトの利用をおすすめします。特に現役医師にも人気が高いサイトは「リクルートドクターズキャリア」「医師転職ドットコム」です。数少ない製薬企業の求人を全国から集めているので条件にあった求人が見つかりやすいです。また採用に有利な面接方法や履歴書の書き方なども無料で教えてもらうことができます。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.