一般企業の募集情報

医師求人TOP >> 施設で選ぶ >> 一般企業の募集情報

一般企業の募集情報

一般企業に勤める医師のことを「産業医」といいます。医師だからといって医療機関にしか転職できないわけではありません。慣れた職場の方が働きやすいこともあるため医療機関から医療機関への転職をする人が多いですが、リフレッシュして仕事を始めたい方や、健康管理業務を中心とした仕事をしたい方は産業医がたいへんおすすめです。一般企業の医師は社員の方が元気に仕事ができるように環境を整える役割があります。一般企業の医師の主な業務は、社内に勤務する社員の健康管理や、社内に健康に関する情報を発信すること、体調不良の方や怪我をした方に適切な処置を施すことです。その職場によって業務内容が偏ることもあります。例えばIT企業の社員は精神的ストレスを抱えやすく、工場の社員は怪我や病気をしやすいなどが挙げられます。

一般企業の医師の平均年収は専属の場合が1,000万〜1,500万円、依頼の場合が1回6万〜10万円ほどとされています。以来は健康診断の時期に増えるため、短期間で集中して稼ぎたい方はアルバイトがおすすめです。手当や福利厚生は企業によって大きく異なりますので、なるべく多くの求人を比較しておきましょう。

一般企業の医師は残業が少なく、夜勤・当直がありません。企業に所属している医師の勤務時間は企業で定められた時間なので療養型病院のような長期勤務もほとんどありません。そのため生活リズムを整えたい方や家事をする主婦の方にも向いている職場です。仕事量は企業の規模が大きいほど増えますが、50人以上の部所ごとに1人以上の医師を配置することが義務付けられているため無理な仕事量を押し付けられることはありません。

一般企業の求人は比較的多く、臨床経験が長い方や精神科・心療内科の医師として経験を持っている方が優遇される傾向にあります。医師に人気が高い企業は製菓企業、企業以外では私立の学校などがあります。これらの職場は収入が安定しているだけではなく待遇もいいので人気が高く、すぐに募集を締めきってしまうことがあります。

いち早く一般企業の募集情報をチェックするためには、新着求人を紹介してくれる転職支援サイトを利用するとよいでしょう。産業医は非公開求人として扱われていることも多く、登録しなければ紹介を受けることができません。もちろん一般に公開される産業医求人もありますが、より好条件の職場に転職するために是非利用してみてはどうでしょうか。「リクルートドクターズキャリア」や「医師転職ドットコム」が人気が高いです。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.