一般急性期の募集情報

医師求人TOP >> 施設で選ぶ >> 一般急性期の募集情報

一般急性期の募集情報

一般急性期病院とは患者さんの症状が、科目(内科、外科など)による治療が必要になった場合に利用する病院です。一般的に体調不良によって利用する病院がこちらで、入院はよっぽど重い状態でなければ2週間〜3ヶ月ほどとされています。病棟管理医師、外来医師、執刀医、内視鏡検査医師などさまざまな業務に携わる医師が勤めています。仕事内容は医師によって異なりますし、患者さんと接する業務を中心としている医師もいれば、患者さんとほとんど接することなく研究に専念している医師もいます。転職の多くは一般急性期病院となりますが、その中でも細かく科目や業務が分類されているので、自分がどの科目でどんな仕事に就きたいのかを明確にしておく必要があるでしょう。

一般急性期病院に勤める医師の年収は科目によっても業務によっても異なります。しかし医師全体の平均年収は1,477万円とされており、高いか低いかでいうと高いです。ですが例えば人間ドック内の健診を専門としている医師の年収が1,477万円であることと、救急医の年収が1,477万円であることでは大きく異なり、実際収入が同じほどでも勤務時間は圧倒的に救急医の方が長いとされています。一般急性期の医師として勤めるとそれだけの収入を見込むことはできますが、それに見合った仕事かを判断できなくてはいけません。

また日勤で働くか、夜勤で働くかでも収入や仕事量に大きな差があります。あくまでも傾向ですが、日勤で働く医師は常勤の方が多いですが、夜勤で働く方はアルバイトの方が多いです。そして夜勤勤務は夜勤手当がつくので日給も極めて高くなります。科目によりますが、産婦人科医の夜勤手当では1日で80,000円以上稼ぐことも十分可能です。転職理由が年収アップの場合は夜勤や産婦人科医、多くの患者さんと接したい方は外来、どんな緊急事態でも臨機応変に対応できるようなスキルを身に付けたい方は救急医、などと自分に合った仕事を見つけることが大切です。

医師求人のほとんどは一般急性期型病院となっているため、求人に困ることはほとんどありません。その中で、より高待遇で好条件の職場に転職できるかが重要です。良い一般急性期の募集情報を探すためにおすすめなのが医師専門の転職支援サイトです。

転職支援サイトとは登録後専属のキャリアコンサルタントと相談をしながら求人探しを行ったり、エントリーの手続きを代行してくれたり、面接の指導をしてくれたり転職に関するサービスを無料で受けることができるものです。有名どころでは「医師転職ドットコム」などがあり、自分が好きな時間に職探しをすることができます。


Copyright (C) 2014-2017 医師求人サイトまとめ【※完全保存版】 All Rights Reserved.